DRI Akademia プライバシーポリシー

Loading...

DRI Akademia (以下、「当プログラム」) は、提供する各種サービスにおけるプライバシー情報の取扱いについて、以下の通りプライバシーポリシーを定めます。

個人情報の定義

当プログラムでは、個人情報とは、個人情報の保護に関する法律に規定される生存する個人に関する情報 (氏名、生年月日、その他の特定の個人を識別することができる情報) 、ならびに特定の個人と結びついて使用されるメールアドレス、会員ID、パスワード、クレジットカードなどの情報、および個人情報と一体となった趣味、家族構成、年齢その他の個人に関する属性情報であると認識しています。 また、その情報のみでは識別できない場合でも、他の情報と容易に照合することができ、結果的に個人を識別できるものも個人情報に含まれます。

個人情報の利用目的

個人情報の利用目的は以下の通りです。利用目的を超えて利用することはありません。

  1. 会員の個人認証および会員向けサービスの提供
  2. サービスの利用に伴う連絡・メールマガジン・DM・各種お知らせ等の配信・送付
  3. 会員の承諾・申込みに基づく、関係者等への個人情報の提供
  4. サービスの改善・新規サービスの開発・利用状況の調査・分析等
  5. キャンペーン・アンケート・モニター・取材等の実施
  6. 各種サービスに関するご意見、お問い合わせ
  7. 規約等で禁じている、商用・転用目的での各種申込行為、各種多重申込、権利譲渡、虚偽情報登録などの調査と、それに基づく当該申込内容の詳細確認

個人情報提供の任意性

当プログラムが提供するサービスにおいて、それぞれ必要となる項目を入力いただかない場合は、サービスを受けられない場合があります。

個人情報利用の制限

当プログラムは、あらかじめ会員の同意を得ず、利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を取扱うことはありません。合併その他の理由により個人情報を取得した場合にも、あらかじめ会員本人の同意を得ないで、承継前の利用目的の範囲を超えて取扱うことはありません。ただし、次の場合はこの限りではありません。

  1. 法令に基づく場合
  2. 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、会員本人の同意を得ることが困難であるとき
  3. 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、会員本人の同意を得ることが困難であるとき
  4. 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、会員本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

個人情報の適正な取得

当プログラムは、適正に個人情報を取得し、偽りその他不正の手段により取得することはありません。

個人情報の取得に際する利用目的の通知

当プログラムは、個人情報を取得するにあたり、あらかじめその利用目的を公表します。ただし、次の場合はこの限りではありません。

  1. 利用目的を会員本人に通知し、または公表することにより会員本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
  2. 利用目的を会員本人に通知し、または公表することにより当プログラムの権利または正当な利益を害するおそれがある場合
  3. 国の機関もしくは地方公共団体が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、利用目的を会員本人に通知し、または公表することにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
  4. 取得の状況からみて利用目的が明らかであると認められる場合

個人情報利用目的の変更

当プログラムは、個人情報の利用目的を変更する場合には、変更前の利用目的と相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲を超えては行わず、変更された利用目的について、会員に通知し、または公表します。

個人情報の安全管理・従業員の監督

当プログラムは、個人情報の漏洩、滅失またはき損の防止その他の個人情報の安全管理が図られるよう、個人情報保護規程を定め、運営関係者に対する必要かつ適切な監督を行います。

委託先の監督

当プログラムは、個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合は、委託先と機密保持を含む契約の締結、または、当プログラムが定める約款に合意を求め、委託先において個人情報の安全管理が図られるよう、必要かつ適切な監督を行います。

第三者提供の制限

当プログラムは、次に掲げる場合を除くほか、あらかじめ会員本人の同意を得ないで、個人情報を第三者に提供しません。ただし、以下の場合は、関係法令に反しない範囲で、会員本人の同意なく個人情報を提供することがあります。 また、当プログラムが定める協力者は、原則、第三者であっても当該制限の対象外とします。

  1. 会員が第三者に不利益を及ぼすと判断した場合
  2. 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、会員本人の承諾を得ることが困難である場合
  3. 国の機関若しくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合で、会員本人の同意を得ることによりその事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
  4. 裁判所、検察庁、警察またはこれらに準じた権限を有する機関から、個人情報についての開示を求められた場合
  5. 会員本人から明示的に第三者への開示または提供を求められた場合
  6. 法令により開示または提供が許容されている場合
  7. 合併その他の事由による事業の承継に伴い個人情報を提供する場合であって、承継前の利用目的の範囲で取り扱われる場合
  8. あらかじめ次の事項を告知あるいは公表をしている場合
    • 利用目的に第三者への提供を含むこと
    • 第三者に提供されるデータの項目
    • 第三者への提供の手段または方法
    • 会員本人の求めに応じて個人情報の第三者への提供を停止すること ただし、次に掲げる場合は上記に定める第三者には該当しません。
      1. 当プログラムが利用目的の達成に必要な範囲内において、個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合
      2. 合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
      3. 個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって、その旨ならびに共同して利用される個人情報の項目、共同して利用する者の範囲、利用する者の利用目的および当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名または名称について、あらかじめ会員本人に通知し、または会員本人が容易に知り得る状態に置いているとき

第三者提供に関する免責事項

以下の場合は、第三者による個人情報の取得に関し、当プログラムは何らの責任を負いません。

  1. 会員自らが、当プログラムの提供するサービスの機能または別の手段を用いて利用企業等に個人情報を明らかにする場合
  2. 当プログラムが提供するサービスに入力した情報により、期せずして本人が特定できてしまった場合
  3. 当プログラムのウェブサイトからリンクされる外部サイトにおいて、会員自らにより個人情報が提供され、またそれが利用された場合
  4. 会員本人以外が個人を識別できる情報 (ID・パスワード等) を入手した場合

個人情報処理の外部委託

当プログラムは、個人情報取扱い業務の一部または全部を外部委託することがあります。なお、委託先における個人情報の取扱いについては当プログラムが責任を負います。

個人情報に関する事項の公表等

当プログラムは、個人情報に関する次に掲げる事項について、会員本人の知り得る状態に置き、会員本人の求めに応じて遅滞なく回答します。

  1. 個人情報の利用目的 ただし、個人情報の保護に関する法律において、その義務がないと規定されるものは除きます。回答しない決定をした場合は、会員本人に対して遅滞なくその旨を通知します。
  2. 個人情報に関するお問い合わせ窓口

個人情報の開示

当プログラムは、会員本人から、個人情報の開示を求められたときは、会員本人に対し、遅滞なく開示します。ただし、開示することにより次のいずれかに該当する場合は、その全部または一部を開示しないこともあり、開示しない決定をした場合には、その旨を遅滞なく通知します。

  1. 会員本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
  2. 当プログラムの業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
  3. 他の法令に違反することとなる場合 なお、アクセスログなどの個人情報以外の情報については、原則として開示いたしません。

個人情報の訂正等

当プログラムは、会員本人から、個人情報が真実でないという理由によって、内容の訂正、追加または削除 (以下、「訂正等」) を求められた場合には、他の法令の規定により特別の手続きが定められている場合を除き、利用目的の達成に必要な範囲内において、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、個人情報の内容の訂正等を行い、その旨会員本人に通知します。

個人情報の利用停止等

当プログラムは、会員本人から、個人情報があらかじめ公表された利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由、または偽りその他不正の手段により取得されたものであるという理由により、その利用の停止または消去 (以下、「利用停止等」) を求められた場合には、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、個人情報の利用停止等を行い、その旨会員本人に通知します。 ただし、個人情報の利用停止等に多額の費用を有する場合、あるいはその他利用停止等を行うことが困難な場合であって、会員本人の権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は、この代替策を講じます。

理由の説明

当プログラムは、会員本人からの要求にもかかわらず、以下のいずれかを決定する場合、その旨会員本人に通知する際に理由を説明するよう努めます。

  1. 利用目的を通知しない
  2. 個人情報の全部または一部を開示しない
  3. 個人情報の利用停止等を行わない
  4. 個人情報の第三者提供を停止しない

プライバシーポリシーの変更

当プログラムは、法令等の定めがある場合を除き、プライバシーポリシーを随時変更することができるものとします。

お問い合わせ

当プログラムのプライバシーポリシーに関するお問い合わせは、下記窓口までお願いいたします。

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町4丁目17番地 POTAL Apartment & Art POINT 402 一般社団法人分散技術総合研究所 プライバシーポリシー担当窓口 akademia@dri.network

制定日:2018年5月15日